金環日食のちょっと前

昨日は金環日食ということでしたが、鹿児島では朝から小雨が降るあいにくの天気となりました。
それでも、雲の隙間からなんとか見えないかと、朝6時から与次郎に行って来ました。


雲が厚く、時々明るいところも見えていますが、太陽の形までは見えません。

そして待つこと1時間。7時13分、金環日食直前の太陽がほんの10秒ほど顔を出しました。

部分日食の状態ですが、かなり細くなった太陽です。

その後、金環日食の7時20分を迎えましたが、太陽を見ることはできませんでした。
しかし、おそらく太陽の辺りだと思うのですが、周りの雲が虹色に染まっていました。

今回の金環日食のために、カメラのフィルターも購入していましたが、自然の雲のお陰で、フィルターなしの撮影となりました。
来月、6月6日は金星の太陽面通過があります。金星は小さいため、日食と比べてちょっと地味な感じですが、せっかくフィルターもあることだし、撮影をしてみることにします。
金星の太陽面通過は、朝の7時すぎから午後2時頃までと観測できる時間が長いので、天気が少々悪くてもチャンスはあるみたいです。